葬儀を出す側、特に「喪主」になる方のほとんどは、今回が初めての経験だと思います。
初めての事に慌てず、粛々と亡くなられた方を送る事は、理想ではあっても、必ずしも実現することではありません。
大切な方の為の、大切な儀式だからこそ、事前の準備をしておく事が望ましいのではないでしょうか。
事前の準備の中で、重要でありながら、意外と見落としがちなのが、宗教者との打ち合わせです。宗教者とは、例えばお寺のご住職様、キリスト教で言えば神父様や牧師様の事です。

お葬式の形式は、ご家族のご希望と、宗教毎の様式で決まります。
日程は、ご家族の希望の他に、多忙な宗教者のご都合に合わせる事も考えなければなりません。お世話になる宗教者を決め、お葬儀の事やその後のご供養について相談しておく事で、多くの不安が取り除かれることでしょう。



お葬儀の際に、必ずご準備して頂く事柄を、以下に挙げさせて頂きました。
最小限のものですが、これだけでも大きく負担を減らせると思います。

遺影用写真

お葬儀の時だけでなく、その後も自宅に飾り続ける事になる、大切な品です。
故人らしい写真を選んであげて下さい。なお、服の着せ替えや、背景は修正することが出来ます。

 → 遺影に使う写真はどのようなものがいいか?

ご印鑑の確認

役所での火葬手続きに必要です。
御印鑑は、届出人の方の苗字と一致するものをお借りします。認印でかまいません。
なお、火葬手続きは、葬儀社で代行致します。

席次表
お葬儀の際、喪主の方が最も神経を使うのが、精進落としの席次表の作成です。
ご親戚をはじめ、友人・知人・仕事上の方々の中から、誰に出席して頂き、どのような順で座って頂くかを決めなければなりません。
一人では解決できない事も多いので、ご親戚の方や、会社の方に相談する事をお勧めします。

以上の事柄を済ませておけば、安心して看病に専念できることでしょう。
また、具体的にどの程度の費用が必要かは、そのお宅の事情で異なります。
当社では、事前に面談をし、お客様に合わせたお見積りの作成も行っております。
お気軽にお電話ください。